ガス燃焼式炭化機

ガス燃焼式炭化機

40~60分の超高速炭化
ダイオキシンを発生させないカーボナイザーの炭化方式

carbonizer fig01 01カーボナイザーの構造は完全密閉型で、外周は600℃の熱風が介在するジャケットになっています。内部中央の軸には特殊な羽根が取り付けられています。この羽根を回転させ、約600℃になっている内部加熱面に遠心力により被炭化物を薄膜状に接触させ、急速加熱して約40~60分で炭化します。オカドラ炭化機内部は無酸素状態(1%以下)にしているため、ポリ塩化ビニール等を400~450℃に加熱しても全く酸化反応が起きないため、ポリ塩化ビニールに結合している塩素や、ベンゼンに結合している水素等が別々に分離ガス化し、脱臭装置に導かれます。脱臭装置の反応室までの経路も酸素(一酸化炭素)が介在しておらず、酸化反応は起きません。この状態で約800℃以上になった反応室にはいると瞬時に完全燃焼を起こすため、一酸化炭素を発生させないと同時に触媒となる焼却灰がないためダイオキシンは発生しません。

carbonizer fig01 02

 

特徴

  1. 塩ビ類が混入してもダイオキシンの発生はありません。
  2. 超コンパクト設計ですから場所をとらず、設置場所を選びません。
  3. どんな種類のゴミも分別せずに同時に処理できます。
  4. 一回の炭化時間は25~45分と超高速です。
  5. ボタンを押すだけの簡単操作ですから、どなたにも運転できます。
  6. 排出される炭化品は土壌改良材、脱臭剤、除湿剤等、様々な用途でリサイクルできます。
  7. 炭化処理時に発生する有機ガスもエネルギー源として使用するため、ランニングコストが1/2以下で済みます。

 

フローシート(要 環境アセスメント)

小型フローシート図

flow sheet01

大型フローシート図

flow sheet02

 

example photo 01
SD-2250C-B
example photo 02
SD-800C-B

rfq このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。