会社沿革

昭和43年 1月金井正夫、個人経営に依り創業開始
昭和45年 3月化学石油精製装置の設計を目的とする(有)三共設計事務所創立 資本金30万円
S石油
history photo 01
N石油硫黄回収装置
history photo 02
昭和47年 5月自社開発製品を販売開始
昭和51年 1月資本金150万円に増資
昭和51年 9月昭和石油(株)殿向国産技術第1号の硫黄回収装置の設計技術を納入
昭和52年 4月国産技術第1号の炭化水素蒸気回収装置(ソーバー)を自衛隊小牧基地に納入
昭和52年 7月設計会社としては国内で初めて昭和石油(株)殿と技術提携を結ぶ
昭和53年 6月超省エネ直火式脱臭装置「テイネンピ」開発
テイネンピ脱臭機
history photo 03
 
昭和55年 4月資本金500万円に増資
昭和55年 12月三共設計(株)設立 資本金500万円
昭和58年 7月薄膜落下式ウエストガスエバポレーター完成
昭和58年 8月レンダリングクッカー(国内外初)開発
昭和59年 1月新社屋完成
昭和63年 3月創業20周年
昭和62年 11月タテ型蒸気間接乾燥機「オカドラ・トルネードドライヤー」開発
平成 2年 12月NHKテレビニュース「オカドラ」放映
スチームディスクドライヤー
history photo 04
 
平成 3年 10月(有)三共設計事務所を三共エンジニアリング(株)に社名変更
平成 5年 3月創業25周年
平成 7年 3月オカドラ・サイクロンドライヤー開発
タテ型蒸気間接乾燥機
「オカドラ」(初期)
history photo 05
 
平成 8年 1月資本金1000万円に増資
平成 8年 6月完全無公害の無廃水・無臭乾燥システム開発
平成 9年 5月無酸素・熱分解法によるオカドラ高速炭化システム開発
平成10年 1月三共エンジニアリング(株)が研究開発に専念するため、(株)オカドラに製造販売権を移譲
平成10年 3月創業30周年
平成11年 8月ボイル乾燥熟成システム販売開始
平成12年 4月スーパーヒートドライヤー販売開始
平成12年 4月生ゴミボイル乾燥飼料化プラント販売開始
平成13年 12月資本金2000万円に増資
平成16年 6月(株)オカドラ・エンジニアリング設立
平成19年 11月新油化プラントを開発
平成20年 4月完全連続サイクロンドライヤーを開発
平成22年 5月1日(株)オカドラエンジニアリングに(株)オカドラ、(株)オカドラインターナショナルを統合合併し、社名を(株)オカドラ とする。また、資本金を4千万円に増資する。
平成22年 完全連続式縦型間接加熱乾燥機開発(特許取得)
平成24年 韓国 晋州市:下水汚泥100トン/日 完全連続式乾燥プラント納入
韓国 順天市:下水汚泥 60トン/日 完全連続式乾燥プラント納入
平成25年 韓国 春川市:下水汚泥 90トン/日 完全連続式乾燥プラント納入
平成25年 サイクロンドライヤー 新規2件特許取得
   

rfq このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。